土日祝送料無料10/1-10/31

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

秋の大人に映える「ボルドー」を使ったアイメイクのポイント

(2018年9月21日)

秋の大人に映える「ボルドー」を使ったアイメイクのポイント

秋になったら秋のファッションに映えるメイクをしたいですよね。
それなら、落ち着きと華やかさをあわせ持つボルドーを使ったアイメイクがおすすめです。
ただし、ボルドーは赤みが強いカラーのため、取り入れ方を間違えると濃いアイメイクになってしまうことも。
女性的な柔らかさを活かしながら魅力的な目元を作るために、ボルドーアイメイクを上手に施すコツをチェックしておきましょう。

ボルドーアイメイクのポイント@:アイシャドウをアイライン風にのせる

ボルドー色のアイシャドウを使えば、秋にぴったりの目元を簡単に作ることができます。
しかしアイシャドウの使い方には要注意。
ボルドー色のアイシャドウをアイホール全体にのせると、赤みが主張しすぎて不自然な目元になってしまうことがあるのです。
デートやオフィスで好印象を持ってもらえるようなメイクをするためには、ボルドー色のアイシャドウをアイライン風に細く入れることがポイント。
チップやブラシにアイシャドウを取ったら、まつげの際から3ミリ程度の範囲にのせましょう。

ボルドーアイメイクのポイントA:アイシャドウをぼかして自然な印象に

アイラインのようにアイシャドウを入れたら、チップやブラシでなじませてぼかしましょう。
こうすることでほんのりグラデーションになり、嫌味のない自然な目元に仕上がります。

ただしこのときも、グラデーションを広げすぎてはNG。ぼかす範囲は二重のラインの少し上程度にしましょう。
「もうすこしボルドーを主張させたい」というときは、目尻側だけアイシャドウを縦に広げて入れると◎。
ややツリ目で色っぽい印象の目元に仕上がります。

ボルドーアイメイクのポイントB:ブラックマスカラで引き締める

ここ最近のナチュラルメイクブームによって、ブラウンのマスカラを使う方も増えてきました。

しかし、ボルドーのアイメイクには、ブラックのマスカラを使うことをおすすめします。
ブラックのマスカラを使用したほうがまつげが際立ち、引き締まった目元を作ることができるのです。

アイライナーはアイシャドウをアイライン風にのせているので使わなくてもOKですが、「もう少し目力が欲しい」という場合は、ブラックのアイライナーでまつげの隙間を埋めるようにさりげなく描きましょう。
アイラインを太く入れると、ボルドーの色味やグラデーションが潰れてしまうので注意してくださいね。

ボルドーアイメイクのポイントC:チーク・リップメイクのどちらかは控えめに

ボルドーのアイメイクを施すと、目元にそれなりのインパクトが出ます。
その状態でチークとリップメイクのすべてを濃くすると、ややきつい印象の顔立ちになってしまうので、避けたほうがベター。

女性らしい顔立ちを作るためには、チークとリップメイクのどちらかを、少し控えめにすることがポイントです。
たとえば流行の赤リップを使いたいなら、チークはベージュ系の色味が薄いものを使うか、肌なじみの良いオレンジ色のチークをやや薄めに入れることをおすすめします。

ボルドーアイメイクのポイントC:チーク・リップメイクのどちらかは控えめに

深い赤みが特徴のボルドーは、大人の肌をキレイに見せてくれる魅惑の色。
そんなボルドー色のアイシャドウを使いこなして、秋のトレンド顔を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ページの一番上へ