ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

乾燥肌なのにできるニキビはケア方法を見直そう

(2018年9月10日)

乾燥肌なのにできるニキビはケア方法を見直そう

ニキビの根本的な原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌が増殖することです。
そのため、ニキビはオイリー肌特有の悩みだと思われ、ニキビができるとクレンジングや洗顔に力をいれる方が多いようです。

しかし、ニキビの原因はオイリー肌に限ったことではありません。
実は水分量が不足した乾燥肌にもニキビができやすくなる原因があるのです。
乾燥肌にできたニキビは、オイリー肌のニキビと同じケアを続けていると、どんどん悪化してしまいます。
そのため、カサつきを伴うニキビは、ケア方法を見直すことも大切です。
乾燥肌なのにどうしてニキビができるのか、原因と正しいケアについて紹介します。

乾燥肌なのにどうしてニキビができるの?

季節の変わり目や体調不良などで肌のターンオーバーが乱れ、肌細胞の水分が不足した乾燥状態が続くと、肌のバリア機能が弱ります。
無防備な乾燥状態の肌はアクネ菌が入り込みやすくなるため、乾燥肌でもニキビができやすくなるのです。

また、バリア機能が弱ると、肌を守るために身体が皮脂を出そうとします。
普段、皮脂には肌を乾燥から守ってくれる役割がありますが、肌の乾燥が進むとかえって皮脂が必要以上に分泌されてしまい、毛穴に詰まりやすくなるためニキビの原因となります。

あなたは間違ったニキビケアをしていませんか?

ニキビができると、皮脂量を減らそうとして洗顔しすぎたり、さっぱり系のスキンケア商品を使用したりしがちですが、乾燥が原因で起きるニキビでは、その方法はNGです。
肌内部の水分が不足した状態で皮脂量を減らそうとしても、肌を守ろうと皮脂分泌がさらに活発化し悪循環に陥ってしまうからです。

また、化粧水のあとに何もつけないのも、肌の水分蒸発に繋がりニキビの悪化原因となります。
このように、肌の内部はカサカサなのに肌表面はテカテカしている、肌の水分量と皮脂量のバランスが崩れた状態の肌を「インナードライ肌」といいます。
ニキビ発生はもちろん、肌の老化にもつながるので注意が必要です。
テカりやすいのに洗顔後に肌がつっぱる、と感じる場合はインナードライ肌になっている可能性大です。
すぐにケア方法を見直しましょう。

保湿重視のケアでニキビが気にならない肌に

保湿重視のケアでニキビが気にならない肌に

たっぷりの泡でやさしく洗顔したあとは、すぐに化粧水を肌の奥までしっかりと行き渡らせます。
化粧水はさっぱり系ではなく、保湿効果が高く肌の奥深くまで浸透しやすいものがおすすめです。
繰り返しニキビができる場所には、集中的に保湿ができるニキビ専用ジェルを使用するのも効果的。
化粧水のあとに何もつけないでいると、肌の水分が蒸発してしまい潤った状態が続きません。
サラっとしたつけ心地のオイルなどを使用することで、肌の水分量と皮脂量のバランスが整っていきます。
季節の変わり目に悩まされやすいニキビには、保湿重視のケアが大切です。
トラブル知らずなもっちり肌を目指して、過ごしやすい秋を満喫しましょう。

ページの一番上へ