土日祝送料無料10/1-10/31

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

いつもと違う自分になれる! 夏の休日に最適なバカンスメイク3選

(2018年7月30日)

いつもと違う自分になれる! 夏の休日に最適なバカンスメイク3選

夏はバカンス旅行やレジャーなど、開放的なスポットへ出かける機会が増えるもの。
そんな休日は、いつもと同じメイクじゃもったいないと思いませんか?
夏の休日をもっと楽しむために、冒険的なメイクに挑戦してみましょう! 今回は大人の女性も挑戦しやすいバカンスメイクを3つご紹介します。

夏の休日メイク@:チークで健康的な日焼けメイク

夏の日差しにマッチするのは、健康的な日焼けメイク。
オフィスでは楽しめないメイクだからこそ、夏の休日をさらに盛り上げてくれますよ。フェイスラインにシェーディングを入れると、さらに小顔効果もアップします。
ちなみに日焼けメイクには、ブロンズがかったオレンジやコーラルなど、日焼け肌を連想させる色のチークがベスト。
青みの強いピンクは日焼けメイクに適さないので注意しましょう。

1. チークをブラシにつけてから手の甲で調節し、目の少し下、頬骨に沿って真横に入れる
2. ブラシに残っている分を、鼻筋の真ん中、あごの先端にも入れる
※顔の中の出っ張った部分=日焼けしやすい場所にチークを入れることがポイントです。
3. フェイスラインにシェーディングを入れる

夏の休日メイクA:挑戦的な赤メイクでワイルドに

赤を使ったメイクが長らく人気ですが、「派手な印象になるから、普段は避けている」という人も多いでしょう。
でも夏のバカンスでは少し派手に装ったもの勝ち。
トレンドの赤を取り入れて、野性的な顔を作ってみましょう。
発色を良くするために、アイシャドウをライン状に入れることがポイントです。

1. ブロンズもしくはゴールドのアイシャドウをアイホール全体に入れる
2. 赤のアイシャドウをやや太めのアイライン状に入れる
3. ブラウンのアイラインを引き、マスカラを塗る
4. リップには発色の良いオレンジレッド、チークにはベージュブラウンを使用する
※チークはやや控えめに、シェーディングを入れるようなイメージで使いましょう

夏の休日メイクB:ブルーマスカラで透明感のある目元に

ブルーのアイメイクは、爽やかな雰囲気を演出したいときに最適です。
青のカラーマスカラを部分的に使えば、おしゃれ度や目元の透明感もアップしますよ。海でのレジャーや、水族館でのデートにおすすめです。

1. ブルーのアイシャドウを、アイラインを入れるようにまつげの際に乗せてから、上に向かって少しぼかす
2. 黒マスカラをまつげ全体につけたら、上下の目尻側にだけ青のマスカラを重ねる

夏に最適なカーキのアイメイク術B:目尻にだけカーキを入れてさり気なく

今回は3つのメイク方法をご紹介しました。開放的な夏の休日は、ファッションもいつもとちょっと違うもの。
そんなときだからこそ、いつもは挑戦できないバカンスメイクで特別感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ページの一番上へ