土日祝送料無料10/1-10/31

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

夏の冷房シーズンに打ち勝つ! オフィスで今すぐできる冷え対策6つ

(2018年6月4日)

夏の冷房シーズンに打ち勝つ! オフィスで今すぐできる冷え対策6つ

体の冷えは代謝を低下させ、美容や健康面に大きなダメージを与えます。
とくに女性の場合はもともと冷え性という方も多く、常に冷えと戦っているという方は珍しくありません。
そして、女性の冷えの天敵といえるのが、夏場の冷房がきいたオフィスです。多くの人々が集まる場所なので、自分1人の都合では冷房の設定温度を上げにくく、寒さを感じやすい場所といえます。
そんなオフィスの冷えで肌荒れや体調不良を招かないために、今すぐできる冷え対策方法をチェックしてみましょう。

女性の天敵。オフィスでの冷えから身を守る対策テクニック6つ


1. 衣類やひざ掛けで防寒する

手軽に冷えを防ぎたいのなら、やはり服装に気を配ることが一番です。
脱ぎ着しやすいカーディガンやストールを羽織ったり、ひざ掛けを利用したりして冷えを防ぎましょう。
その他、腹巻きやレッグウォーマーの使用もおすすめです。
お腹と下半身を温めることで、全身の冷えまで防ぐことができます。


2. 腰にカイロを貼る

とくに冷えに敏感な方は、夏場でもカイロを利用してみましょう。
尾てい骨の上にある「仙骨」というツボを覆うように貼ると、全身を効率よく温めることができます。
生理痛が気になるときは、おへその下とのサンドイッチ貼りがおすすめです。


3. 首を温める

女性の首は筋肉が少ないうえに、襟の開いた服を着る機会が多いため、体の中でもとくに冷えやすくなっています。
そんな首に直接冷房が当たると、全身の冷えを引き起こすだけでなく、肩こりや頭痛まで引き起こすことも。ネックウォーマーやストールなどを首に巻いて、つらい冷えを防ぎましょう。


4. ホットドリンクを飲む

乾燥したオフィスでは、十分な水分補給も欠かせません。
しかし、冷たい飲み物を摂取していると、内臓から冷え切ってしまいます。
なるべくカフェインが含まれていない温かいお茶や白湯を飲むようにしましょう。


5. こまめに体操やストレッチをする

体操やストレッチをすると全身の血行が良くなり、体の内側から冷えを改善できます。
一息つくときには椅子から立って、簡単な体操やストレッチを行いましょう。
仕事から手が離せないときは、椅子に座りながらかかとを上げ下げするだけでも、足先の冷えを防ぐことができますよ。


6. ランチにタンパク質・スパイスを取り入れる

冷えが気になるなら、ランチにはタンパク質やしょうがなどのスパイスを取り入れてみましょう。
これらをとると胃の動きが活発になり、熱を生み出すことができます。

また、タンパク質は筋肉の材料になるため、筋肉量が減少しがちな女性はとくにとっておきたい栄養素です。
中でも、体を温めてくれる鶏肉や鮭、納豆、チーズがおすすめです。


シミ・シワ予防効果アップ! 日焼け止めを塗り直すベストタイミング

オフィスでの冷えは、ちょっとしたアイテムや習慣で防ぐことができます。
「気づかぬうちに全身が冷え切っていた……」とならないように、今すぐ対策を始めてみてくださいね。

ページの一番上へ