ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

ワーキングウーマンは知っておくべき「お中元」マナー&品物の選び方

(2018年6月1日)

ワーキングウーマンは知っておくべき「お中元」マナー&品物の選び方

お世話になった方に贈るお中元のマナーは、大人の女性としてきちんと把握しておきたいもの。
とくにワーキングウーマンとしてカッコよく働き続ける大人の女性なら、仕事関係の人々にお中元を贈ることもあるでしょう。
誤った知識で恥をかかないために、今一度しっかり確認しておきましょう!

お中元を贈る時期について

お中元を送る時期は、東日本では7月初旬〜7月15日、西日本では7月中旬〜8月15日といわれています。
しかし最近では、日本全国7月の初旬〜中旬までに、というのが一般的になってきています。
なお、贈る日は仏滅でも構わないとされています。
なぜならお中元は道教の行事で、仏教の六曜とは関係性が薄いためです。

お中元の品につける熨斗・表書きのマナー

贈り物にかけるのし紙は、紅白5本蝶結びに、熨斗がついたものを使います。
表書きは水引の結び目の上に「御中元」と書き、結び目の下に名前をフルネームでやや小さめに入れましょう。
なお、お中元の時期を過ぎてしまったときは、のし紙の表書きを変えます。
東日本の場合、立秋までは「暑中御伺い」「暑中御見舞」、それ以降〜8月末までは「残暑御伺い」「残暑御見舞」と入れるのが一般的なマナーとされています。

また、西日本の場合は、8月15日〜8月末までに「残暑御伺い」「残暑御見舞」として贈るのが一般的です。
なお、目上の方へは「暑中御伺い」「残暑御伺い」と書きましょう。

お中元の贈り方マナー

最近では配送でお中元を贈るケースが多くなっていますが、本来であれば持参して手渡しをするのが正式な贈り方です。
手渡しする場合は事前に電話をし、先様の都合のいいタイミングに伺いましょう。持参する際は風呂敷で包むのがマナーですが、ない場合はデパートなどの紙袋でも構いません。

ちなみに訪問時間は食事時を避けるために、午前10〜11時、午後2〜4時が適切だといわれています。
もちろん先様の都合に合わせるのが最優先ですが、いつでもいいと言われたら意識してみましょう。「玄関先ですぐに失礼させていただきますので」と連絡すると万全です。
一方、配送でお中元を贈る場合は、品物が届くころに送り状を別送します。
目上の方には封書で送り、時候のあいさつや感謝の言葉を書きましょう。

お中元の品物の選び方

贈り物は自分が欲しいものを贈るのではなく、先様が喜ぶものを選ぶことが大切です。
お中元では夏らしいゼリーや水ようかん、そうめんやビールなどが定番ですが、先様の好みに外れるものは選ばないようにしましょう。
また、相手方の家族構成や人数、年齢なども意識したいものです。
ただし、贈り物のマナーを逸脱してしまってはNG。「踏みつける」という意味に捉えられる靴やスリッパ、「より勤勉に」という意味のあるバッグや時計、見下している印象を与えてしまう現金やギフト券は避けましょう。
また、お中元を贈る季節は夏真っ盛りなので、生ものは避けるのも1つのポイントです。常温でも保存ができ、傷みにくいものを選ぶことも重要です。


シミ・シワ予防効果アップ! 日焼け止めを塗り直すベストタイミング

贈り物のマナーは、知っているようで意外と知らないことが多いもの。
大人の女性としてマナーをしっかり守って、先様に心から喜ばれるお中元を贈りましょう。

ページの一番上へ