お母さんにメッセージカードを添えてカードを贈ろう 母の日2018

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

春の「ゆらぎ肌」を防ぐ。バリア機能を保つやさしいクレンジング方法

(2018年4月9日)

春の「ゆらぎ肌」を防ぐ。バリア機能を保つやさしいクレンジング方法

春は気温が上下したり周辺の環境が変わりやすい季節なので、心身ともに大きなストレスを抱えやすいシーズンです。
さらに春は肌にもさまざまなストレスが加わるため、肌を過敏にしたりトラブルの原因になる「ゆらぎ肌」を招きやすい状態になっています。

この状態を防ぐための方法はたくさんありますが、その中の1つに挙がるのがクレンジング方法の見直しです。
普段のクレンジング方法を見直して肌にやさしい方法に変えてくことで肌のバリア機能を保つことができ、ゆらぎ肌を防ぐことができるのです。
ゆらぎ肌の症状を詳しくチェックしながら、肌にやさしいクレンジング方法をチェックしてみましょう。

になりがちな「ゆらぎ肌」とは?

ゆらぎ肌とは、敏感肌と似た症状が現れる肌状態のこと。
肌にかゆみやピリピリとした違和感を覚えるだけでなく、ニキビやベタつきなどの肌トラブルに悩まされる方もいます。
このような症状を見ていると、「要するにそれは敏感肌じゃないの?」と考える方もいますが、敏感肌は季節を問わずに症状が出るのに対し、ゆらぎ肌は季節の変わり目などの一時的な症状が特徴です。

とくに春は、急激に増える紫外線や花粉、生活環境の変化などが心身にダメージを与えます。
これが春のゆらぎ肌の原因になるのです。
春のゆらぎ肌を防ぐためには、肌に付着した花粉などの汚れをきちんと落としつつ、肌のバリア機能を低下させないようやさしく洗うことが大切です。
ゆらぎ肌対策に期待できるクレンジング方法をチェックしましょう。

春のゆらぎ肌を防ぐクレンジング方法


・帰宅後すぐにクレンジングをする

春はたくさんの花粉が飛んでいるため、少しだけ外出をしただけでも肌に花粉が付着します。
これを放っておくとゆらぎ肌の原因になってしまうため、帰宅後はできるだけ早くメイクとともに花粉を落とすことが大切です。
できれば早めにお風呂に入り、髪や体についた花粉も一緒に落としましょう。

・W洗顔不要のクレンジング剤を使う

クレンジング剤にはさまざまな種類があり、クレンジング後の洗顔が必要なものと、W洗顔不要のものがあります。
ゆらぎ肌対策には、後者のW洗顔不要のクレンジング剤がおすすめです。
洗顔を省くことで必要以上に肌の皮脂を落とすことがないため、肌の乾燥やバリア機能の低下を防ぐ期待ができます。

・クレンジングの時間はできるだけ短く

クレンジング剤を肌に長く乗せていると、うるおいまで奪われてゆらぎ肌の原因になってしまいます。
そのため、クレンジングにはできるだけ時間をかけないことがポイントです。
クレンジング剤を肌に乗せたら1分以になじませ、ぬるめのお湯で速やかに落としましょう。

・ポイントメイクは専用リムーバーで落とす

肌に優しいクレンジング剤は比較的洗浄力が弱いため、重ね塗りのマスカラなどは落ちにくいことがあります。
しかし、落ちにくいからといって目元や口元をゴシゴシこすると、ゆらぎ肌を引き寄せてしまうので要注意。
ポイントメイクはあらかじめ、専用リムーバーで優しく落としておきましょう。

アイクリームで目元をケアするポイント

春はオシャレが楽しくなる季節でカラフルなメイクなどが流行りますが、ゆらぎ肌になるとかゆみやヒリつきが気になって存分にメイクをたのしむことができなくなってしまいます。
できるだけクレンジングをやさしく行って、健康的な素肌をキープしていきましょう。

ページの一番上へ