クリスマスプレゼントキャンペーン12/1-12/20

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

肌の乾燥が引き起こす? 毛穴の黒ずみの原因&対策

(2018年3月19日)

肌の乾燥が引き起こす? 毛穴の黒ずみの原因&対策

「毎日きちんと洗顔しているつもりなのに、毛穴の黒ずみが解消されない」
「ボツボツの黒ずみ毛穴がメイクでも隠しきれない……」

このように、目立つ毛穴の黒ずみにお悩みの女性は多いでしょう。
毛穴の黒ずみの主な原因は、皮脂と乾燥です。
この2つが黒ずみにどのように関係しているのか、そしてどのように対処するとよいのかについてご紹介いたします。

毛穴の黒ずみができる原因


・汚れの酸化

古い皮膚やメイク残りなどのたんぱく質と皮脂が結びついて固まったものを角栓と呼びます。
その角栓が、時間の経過とともに酸化すると黒ずみとなるのです。

・皮脂の過剰分泌

皮脂は肌を乾燥などから守るために分泌されるので、肌の健康にとって欠かせないものです。
しかし、皮脂の分泌量が過剰になると毛穴にたまり、角栓の原因になるといわれています。
顔の中でも、とくに額と鼻は皮脂腺の数が多く皮脂の分泌量が多い部分です。
その分毛穴の黒ずみができやすいため注意が必要です。

・乾燥

皮脂の分泌量が多いのは、オイリースキンだからとは限りません。
肌は乾燥して水分を失うと保護力(バリア機能)が低下するため、さらに皮脂を分泌させて乾燥を防ごうとする働きがあります。
このように皮脂の分泌が過剰になると、毛穴にたまって角栓予備軍となり、それが酸化すると黒ずみになってしまいます。

気になる毛穴の黒ずみをオフ! 正しいケアをチェック


・スペシャルケアに「ピーリング」を取り入れる

ピーリングには、肌の表面に溜まった古い角質を取り除く働きがあります。
角質は毛穴の黒ずみを作る角栓の原因になるため、きちんと除去することが大切です。
洗顔後の清潔な肌にピーリング剤をのせ、くるくると円を描くようになじませると、古い角質がポロポロと落ちていきます。
週に1〜2回程度のペースで取り入れましょう。

・日々の洗顔には「パウダー洗顔料」をチョイス

毛穴の黒ずみを解消するためには、日々の洗顔も重要なポイントになります。
毛穴の汚れをスッキリと落とすためにも、酵素系のパウダー洗顔料を選ぶのがおすすめです。
酵素には余分な皮脂を分解する働きがあるといわれています。

・「洗い流すタイプのパック」で毛穴の汚れをスッキリオフ!

肌への負担を少なく毛穴ケアをするのにおすすめなのが、洗い流すタイプの毛穴パックです。
適量を顔に塗り、しばらく待ったあとで洗い流します。毛穴の汚れを吸着して、毛穴詰まりの改善に役立ちます。

毛穴の黒ずみを防ぐケアにも注目!


・洗顔をしすぎない

毛穴の黒ずみが気になるとつい何度も洗顔をしたくなりますが、あまりに多く洗いすぎると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌の乾燥を招きます。
乾燥による毛穴の黒ずみを防ぐためにも、洗顔は1日2回までにとどめましょう。

・保湿ケアをこまめに行う

洗顔後のスキンケアに加えて週2〜3回の保湿パックを取り入れ、仕事や家事の合間にはミストタイプの化粧水を顔にスプレーしましょう。
こまめに保湿ケアをすることで肌のうるおいがキープできます。

・ハンドプレスを取り入れる

化粧水や乳液を塗ったあとはしっかりとハンドプレスをしましょう。
両手で肌を包み込み、やさしくおさえることで、化粧水や乳液が肌になじみやすくなります。
目元や口元、頬、フェイスラインなど、顔全体を部分ごとに分けて、それぞれ10秒ほど手を密着させます。
手を温めてから行うようにしてください。

アイクリームで目元をケアするポイント

いったん黒ずみができてしまうと、いつものクレンジングや洗顔だけで改善するのは難しく、角栓のケアが必要になります。
黒ずみ対策のポイントは、皮脂のコントロールと保湿です。
今回ご紹介したケアに加え、毎日のスキンケアをしっかりと行って毛穴の黒ずみができにくい肌を目指しましょう。

ページの一番上へ