cac パウダーウォッシュ泡立てネット付きキャンペーン

cac サンプル配布

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

夏本番前から対策を! 初夏の紫外線量&対策方法

(2018年4月6日)

夏本番前から対策を! 初夏の紫外線量&対策方法

日差しが強い夏の季節は、紫外線対策が欠かせません。
しかし実は、7〜8月の本格的な真夏シーズンの前から紫外線は増えていきます。
「まだ暑くないから紫外線ケアもしなくて大丈夫」といって油断していると、知らず知らずのうちに紫外線による肌ダメージが蓄積されているのです。
肌ダメージを防ぐためにも、年間の紫外線量の変化を確認して適切な時期に紫外線対策を始めましょう。

紫外線の量はいつぐらいから多くなるの?

紫外線にはA波とB波、C波があり、それぞれUV-AとUV-B、UV-Cと呼ばれています。
UV-Aは1年中降り注いでおり、夏場は冬の倍以上になります。窓ガラスを通り超して肌にダメージを与えるため、室内にいても注意が必要です。
UV-Bはオゾン層といった大気の層がある程度防いでくれるので、UV-Aと違い1年を通して降りそそいでくる量に大きな差があります。
UV-Cは、今のところオゾン層で防がれ地上には届いていません。けれども、オゾン層の破壊が進むとUV-Cに対する対策も必要となってくるといわれています。

初夏の紫外線量はどのくらい?

種類や全体の紫外線量は異なるUV-AとUV-Bですが、4月から増え始めて、5〜8月頃に紫外線量が最も多くなり、10〜3月になると減少していくという点では同じです。
5月になると紫外線量が早くもピークに達することから、初夏の頃から紫外線対策を行うことが重要だとわかります。紫外線対策といえば、真っ先に思い浮かぶのが日焼け止めです。
日焼け止めに記載されているSPFやPAについて、それぞれどのような意味があるのかを下記で確認してみてください。

初夏から始めたい紫外線対策! 「SPF」と「PA」とは

「SPF」はUV-Bを防いでいくれる効果を現した数値を示しています。
「PA」は、UV-Aを防いでくれる効果を示している数値です。
5月になると紫外線量が早くもピークに達することから、初夏の頃から紫外線対策を行うことが重要だとわかります。
紫外線対策といえば、真っ先に思い浮かぶのが日焼け止めです。
日焼け止めに記載されているSPFやPAについて、それぞれどのような意味があるのかを下記で確認してみてください。

UV-Aに対する日焼け止めとPA

日焼け止めを使うときに目にする表示のPAは「+の多さ」がUV-Aに対する「効果の高さ」を示しています。UV-Aはシワやくすみのもとにもなることが明らかにされてきましたので、出かける場所や時間帯にあわせて、日焼け止めのPA値を選ぶことが大切です。 表示は「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4種類に分類されています。その中から季節や天気、外出先にあわせて選びましょう。 夏に野外へお出かけをするときには「+」が多いものを選び、秋や冬には「PA+」や「PA++」程度でもOKです。 初夏の頃から夏に向けて紫外線量はどんどん多くなっていきますので、毎日の生活の場面であっても「PA++」以上の日焼け止めを使うようにしてください。

紫外線B波に対する日焼け止めとSPF

SPFは、UV-Bの量をカットする防御力を表していて、日焼けをするまでの時間をどれだけ延ばせるかという数値を示しています。
例えば、SPF20なら20倍遅らせることができ、SPF30なら30倍遅らせることができるということになります。
日焼けをするまでにかかる時間は個人差がありますが、一般的には10〜20分程度でダメージを受けますので、初夏〜秋頃までは1時間以内のご近所へのお出かけでもSPF35以上の日焼け止めを使いましょう。
1時間以上紫外線を浴びるようなレジャーの場合はSPF50以上の日焼け止めを使うことがおすすめです。

キレイは朝活から! 美容にいい新習慣を始めよう!

SPFやPAが高い日焼け止めを使っていたとしても、朝のメイクで塗ったものが夜まで維持されることはあまりありません。
汗をかいて落ちてしまうこともありますので、こまめな塗り直しが大切です。
初夏からの紫外線対策として、日常生活で使う日焼け止めだけでなく、海や山などアウトドアを楽しむ際には、SPFやPAの値が高い日焼け止めを利用できるように用意しておくことがおすすめです。

おすすめ日焼け止め





ページの一番上へ