ナチュラグラッセUVプロテクションベース_サンプルプレゼント

毎日更新12星座占い

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

“くっきりハッキリ”はNG! 「ノーズシャドウ」の正しいメイク方法

(2018年2月2日)

“くっきりハッキリ”はNG! 「ノーズシャドウ」の正しいメイク方法

鼻を高く見せたり、顔にメリハリをもたらしたりしてくれる「ノーズシャドウ」。 しかしノーズシャドウの入れ方が間違っていると、かえって鼻が低く見えたり、不自然な顔立ちになったりしてしまいます。 理想的な鼻や顔立ちを手に入れるために、ノーズシャドウのNG例と正しいメイク方法を詳しく見ていきましょう。

ノーズシャドウのNG例

鼻の形を簡単にコントロールしてくれるノーズシャドウですが、以下のようなメイクはNGです。
いかにも「ノーズシャドウを入れている!」という顔立ちにならないよう、注意しましょう。


≪入れすぎている≫

ノーズシャドウを入れすぎていると、その部分が目立ち、かえって鼻が大きく見えてしまいます。


≪色選びを間違えている≫

ノーズシャドウの色選びが間違えていると、そこだけが浮いて不自然な顔立ちになってしまいます。


≪入れる場所を間違えている≫

入れる場所を間違えていると、鼻が高く見えるどころか、低く見えたり、野暮ったい印象になったりしてしまいます。

ノーズシャドウの色の選び方

理想的な鼻筋を作るためには、まずノーズシャドウの色選びが重要です。
ノーズシャドウの色が濃すぎたり薄すぎたりすると、不自然な顔の原因になってしまいます。

あくまでもノーズシャドウの色は、自分の肌より少し暗いブラウンがベスト。
色が暗いパウダーファンデーションや、やや明るいアイブロウパウダーでもOKです。
なお、ノーズシャドウを新たに買い足す場合は、1色ではなく何色か入ったパレットタイプを選びましょう。
パレットタイプのほうが、より自然な陰影を作り出すことができます。

では、自分の肌の色に合ったノーズシャドウが用意できたら、早速メイクに取りかかりましょう。

脱・地味顔! ベージュリップを華やかに見せるメイク方法3つ

ノーズシャドウの正しいメイク方法



≪STEP1.目頭の上のくぼみに影を入れる≫

ベースメイクが完了したら、目頭の上のくぼみの三角形に、やや濃い色味のノーズシャドウを乗せます。
ここをくぼませて見せることで、顔にメリハリが生まれます。

≪STEP2.眉頭と鼻筋をつなげる≫

左の眉頭にブラシを当てて、左側の鼻筋に向かって曲線を描くように影を入れます。
右側も同じように眉頭と鼻筋をつなげましょう。

≪STEP3.鼻筋の縦のラインを入れる≫

先ほどつなげたラインから、小鼻に向かって縦のラインを入れます。
ノーズシャドウの色は、STEP1よりやや薄い色を選ぶことがポイントです。

なお、鼻を長く見せたいなら、小鼻までラインを入れると◎。
長く見せたくないなら、鼻の中央あたりでラインを止めましょう。

≪STEP4.小鼻に影を入れる≫

小鼻が大きくて気になる場合は、小鼻のふくらみに沿って影を入れましょう。
影を入れることで、団子鼻や小鼻のふくらみを小さく見せることができます。

≪STEP5.指やブラシでなじませる≫

ここまでに入れた影を、指やブラシでなじませます。
こうすることで肌になじみ、自然な印象にすることができます。

≪STEP6.ハイライトを入れる≫

ノーズシャドウだけでもOKですが、もっと鼻を高く見せたいならハイライトを鼻筋の中央に入れましょう。
鼻先にもほんのちょっとハイライトをプラスすると、細くて高い鼻に見せることができます。

以上、ノーズシャドウのメイク方法についてご紹介しました。
鼻の形にコンプレックスを覚える場合は、ノーズシャドウメイクをマスターして、理想的な鼻を作り出してみてはいかがでしょうか。

ページの一番上へ