毎日更新12星座占い

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

冬は肌がくすみやすい!? クリアな素肌を手に入れる方法

(2018年1月5日)

冬は肌がくすみやすい!? クリアな素肌を手に入れる方法

空気が乾燥して気温が下がる冬は、肌トラブルが起こりやすい季節です。
肌のカサつきやゴワつき、乾燥によるニキビなどさまざまなトラブルがありますが、その中の1つに“くすみ”が挙げられます。
肌にくすみが生じると、顔色が悪くなってお疲れ気味に見えたり、メイクノリが悪くなったりしてしまいます。
透明感あふれる肌を取り戻すためにも、冬のくすみ肌の原因や改善方法をチェックしましょう。

冬になると肌がくすみやすくなる原因とは?

・血行不良
寒さが厳しい冬の季節は、体が冷えて血行不良が起こりやすくなります。
血液が滞ると肌の血色感が失われ、青白くくすんだような肌になってしまうのです。
「冬でもお風呂に浸からずシャワーのみ」「薄着のファッションが好き」という場合は体が冷えやすくなるため注意しましょう。
また、ストレスや喫煙も血行不良の原因になります。
疲れやストレスを抱えている方、喫煙をしている方はとくに体の冷えに注意が必要です。

・肌の乾燥
冬といえば乾燥シーズンといえるほど、この季節は空気が乾きます。
肌の水分が乾いた空気に奪われ、肌のカサつきを感じることもあるでしょう。
肌の乾燥はさまざまな肌トラブルの原因となりますが、くすみも引き起こします。
乾燥によってカサつきやゴワつきを起こした肌は、キメが乱れて光が上手く反射しません。
すると肌からツヤが消えたように見え、暗くよどんだ肌に見えてしまうのです。

・紫外線を浴びている
夏に強い紫外線を浴びたことでメラニンが生成され、肌をくすませている可能性もあります。
この場合、紫外線を浴びたことが反省点だと思いがちですが、実はターンオーバーの乱れも原因の1つ。
ターンオーバーが正常であれば、メラニンが生成されていても自然と排出されていきます。

しかし、生活習慣の乱れなどによってターンオーバーが遅れると、メラニンが思うように排出されず肌に残ってしまうのです。
紫外線対策を行うことはもちろん大切ですが、ターンオーバーを整えるケアも取り入れる必要があります。

冬の乾燥から頭皮を守る! おすすめのケア方法

冬のくすみ肌を改善する方法

・湯船に浸かって体を温める
冬のバスタイムをシャワーだけで済ませているという方は、毎日きちんと湯船に浸かる習慣をつけましょう。
湯船に浸かることで滞った血行が体をめぐり、血行不良が解消されます。
湯船に浸かっているときにはリンパマッサージなどを取り入れるのもおすすめです。

・メイク前にフェイスマッサージを取り入れる
「ファンデーションを塗ってもチークを足しても肌のくすみが気になる……」このような方におすすめなのが、朝のメイク前にフェイスマッサージを取り入れるという方法。
美容オイルやクリームを塗り、フェイスラインを流したり目元をやさしく刺激したりしてみましょう。
マッサージをすることで血行促進に効果が期待できます。

・朝晩のスキンケアでは保湿を重視する
冬の乾燥を防ぐためにも、保湿ケアは徹底的に行いましょう。たっぷりの泡でやさしく洗顔をしたあとは、1秒でも早く化粧水を塗ります。
たっぷりと肌に水分を与えたら、美容オイルや乳液などを重ねて油分を与えることも忘れずに。
保湿力に特化した美容液をプラスするのもおすすめです。

・紫外線対策を行う
目には見えない紫外線ですが、実は冬にも降り注いでいます。
これ以上メラニンを増やさないためにも、冬でも日焼け止めを塗って紫外線ケアを行いましょう。
また、紫外線ケアと平行して行いたいのが、ターンオーバーを整えるためのケアです。
毎日たっぷりと睡眠をとったり、バランスのいい食生活を心がけたりして体の内側からアプローチしていきましょう。

冬のくすみ肌を改善するためには、スキンケアだけでなく生活習慣にも目を向ける必要があります。
透明感あふれる輝く素肌を手に入れるためにも、今回ご紹介したケアを取り入れてみてくださいね。

ページの一番上へ