ナチュラグラッセリニューアル記念キャンペーン

ホームチャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター やさしい感触なのに強力紫外線をカット。赤ちゃんも使える日焼け止め。

やさしい感触なのに強力紫外線カット。赤ちゃん※も使える日焼け止め

UVフェイス&ボディプロテクター 3つのこだわり

point1 赤ちゃん※にも使える。やさしい処方で紫外線から肌を守るSPF43 PA++

乳幼児使用テスト済み※ 敏感肌の人のみ対象のパッチテスト済み※ 無香料、無着色 石けんで落とせる ※乳幼児からご使用いただけます。(赤ちゃんの肌はデリケートです。ご使用の前には、必ずパッチテスト等お試しの上、ご使用いただくことをおすすめします。)※すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。100%自然成分 下記の化学成分オールカット  不使用成分:紫外線吸収剤・石油系界面活性剤・鉱物油・アルコール・パラベン・合成香料・シリコン※ISO16128-1で定義された自然成分、自然由来成分、鉱物由来成分のみを使用。

point2 ボタニカルセラミド成分で乾燥から肌を守る

無農薬ハーブ※ コンフリー葉エキス(肌荒れ防止・保湿成分) オウゴン根エキス(肌荒れ防止・保湿成分) ※化学農薬を使用せず、有機JAS規定の許容農薬に則り植物を栽培。 + 天然セラミド コメヌカスフィンゴ糖脂質(保湿成分)

point3 みずみずしいテクスチャーで素肌をキレイに見せる

merit1 まるで乳液のような軽さとみずみずしさで、白浮き・きしみ感ゼロ merit2 ぷにゅんとしたジェル状で液だれも摩擦ダメージも防ぐ merit3 2つの天然植物オイルを配合しっとりうるおいながらもベタつきのない自然なツヤ肌に ・マカデミアナッツ油(適度なツヤ) 肌なじみにすぐれた浸透性のよいオイルで、天然油脂としては酸化しにくい性質。肌にうるおいとツヤを与えます。 ・野菜油(皮膜性・エモリエント作用) ヤシ・パーム核・アブラナ種子など複数の植物から得たブレンドオイル。とろみがあり、肌を柔軟にしてうるおします。

チャントアチャーム
UVフェイス&ボディプロテクター

〈顔・からだ用日焼け止め〉 80mL 本体2,800円+税
SPF43 PA++ 無香料 無着色 パッチテスト済み 幼児使用テスト済み*

配合成分:水、酸化チタン、プロパンジオール、オリーブ果実油、マカデミアナッツ油、ラウリン酸メチルヘプチル、イソステアリン酸エチル、野菜油、ゲットウ花/葉/茎水、セスキイソステアリン酸ソルビタン、カプリン酸ポリグリセリル−3、コンフリー葉エキス、オウゴン根エキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、グリセリン、パルミチン酸デキストリン、コメヌカ油、レシチン、水添レシチン、キサンタンガム、クエン酸、アニス酸、アニス酸Na、レブリン酸Na、ヒドロキシステアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、オレイン酸ポリグリセリル−10、BG、アルミナ、ステアリン酸、ラウロイルリシン
*すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。

購入

顔[Face]

スキンケアの最後、メイクの前に。スキンケアの延長で、顔全体にムラなくのばす。

  • 1.半プッシュを手に取り、額・両頬、鼻、あごの 5 点におく。
  • 2.内側から外側に向かってやさしく塗り広げ、ハンドプレスで密着させる。

汗をかいたら、必ず塗り直しを。うっかり焼けや、焼けムラを起こさないためにも塗り直す。

[おすすめの塗り方]

  • 1.メイクがヨレたりくずれた部分を軽くティッシュオフする。
  • 2.米粒くらいを指先にとり、ちょんちょんと少量ずつなじませ、いつものメイク直しを。

体[Body]

デコルテ&くび

  • 1.1 プッシュを手に取り、両手に広げる。
  • 2.首からデコルテにかけてのばし、続けて耳、首の後ろへ。

うで&あし

  • 1.1 プッシュを手に取り、左右のひじ下〜手の甲へのばす。
    脚の場合は 1 〜2プッシュをひざ下へ。
  • 2.忘れがちな足の甲、ひざの裏まで丁寧に。
    自然なうるおいとツヤで素肌をキレイに見せてくれます。

お出かけ前の紫外線対策

大人よりも皮膚が薄く、バリア機能も未熟なため、
帽子や日よけなど紫外線対策が大切です。
赤ちゃんに塗る際は、必ずパッチテストをして問題がないことを確認。
なめてしまいやすい口回り、手指をさけ、日差しを浴びやすい
おでこ、頬、首にやさしく塗るのがおすすめ。
大人よりも皮膚が薄くデリケートなため、絶対に擦らずに優しく塗り広げます。

塗るときは汗をキレイに拭いてから

汗の量が大人の約 4 倍ともいわれ、汗かきな赤ちゃん。
かぶれなどが起こらないように、シャワーのあとや、
ぬれタオルで拭いたあとの清潔な肌に塗りましょう。

関連リンク
→『うるおいの土台を整える基本の3アイテム』はこちら
ページの一番上へ